ゴルフ菜園プロジェクト

ニュース&トピックス

食事で社会貢献~其の五~

2017.11.02

食を通じて、世界を良くするため、国連が制定した10月6日世界食料デー。親から子へ、おばあちゃんから孫へ、大切な誰かに加えて世界の子供たちへの想いも込めて、あなたがおにぎりを食べることで、アフリカの子供達に給食が届く。こんなステキな話があるだろうか。

Text & Photo by Rie Fujimoto


おにぎりアクション2017

 

GDOが「ゴルフ菜園プロジェクト~みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう~」で、コラボレーションしているTABLE FOR TWO(以下TFT)では、11月15日まで「おにぎりで世界を変える!」おにぎりアクション2017を実施している。これは日本人にとって一番馴染みのある食べ物と言っても過言ではない「おにぎり」の写真を1枚投稿すると、このプロジェクトの協賛企業・支援者から給食5食分に相当する100円が寄付される取り組み。なんとも心温まる、みんなが参加したくなる画期的な寄付の形だ。

 

筆者も早速投稿してみた!

 

先日旅行へ行った際、与論島の小料理屋さんでおにぎりを注文したところ、特大おにぎりが登場!出来立てホカホカで嬉しくて、ついついはしゃいでしまい、思わず特大おにぎりと一緒に記念撮影!マスター特大の愛が詰まったとっても美味しいおにぎり、ごちそうさまでした!この投稿だけで5食分の給食をアフリカ・アジアの子供達へ届けられるなんて、ほんの少しだが遠い場所からでも力になることができ、嬉しい限りだ。

 

投稿するとこんなイメージで表示される

 

おにぎりアクション2017はこちらから!

 

<おにぎりアクション2017への参加方法>

必要なものはおにぎりだけで、投稿は無料。11/15(水)までの期間中、何度も投稿でき、1投稿につき5食、または10食がTFTを通じてアフリカ・アジアの子供達に給食として届きます。また、おにぎりアクション2017に投稿いただいた写真にグランプリを授与する「おにぎりフォトグランプリ2017」も開催中。ラウンド前、お昼ご飯など、ゴルファーのみなさんがおにぎりを食べている写真を是非投稿してみてください!

トップへ戻る