ゴルフ菜園プロジェクト

ニュース&トピックス

祝・100菜園突破!

2017.10.26

バーディ1つが10円の寄付に――。昨年4月からスタートした、「ゴルフ菜園プロジェクト~みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう~」は、登録バーディ数が累計150万を突破!アフリカに100もの菜園を寄付することができました。ご協力いただいた皆様に感謝の心を忘れずに、GDOは引き続き、ゴルフで出来る社会貢献の輪をもっと広めていきますーー。

100菜園までのあゆみ

 

本プロジェクトは、2017年に入ってからバーディ登録数が増加。GDOスコア管理アプリユーザーの皆様からは、1月から9月までに合計81万3,638ものバーディが登録された。1ヶ月平均にして9万404個、1日に平均すると約3,013個。全部のショットが完璧でなければバーディは獲得できない、と仮定するならば、ざっくり計算して今までのバーディ数が150万だから、単純に4ショットを掛け合わせると600万くらいのナイスショットが放たれたとも言える。同時に、150万回の「ナイスバーディ!」、600万回以上の「ナイスショット!」という掛け声が、全国のゴルフ場でこだましたとも言える。いやはや、それが寄付につながるのだから、嬉しい限りだ。

 

(昨年のアフリカ訪問の様子) 今年もまさに今、TFTさんがアフリカ菜園訪問中 現地の様子はまた改めてレポート予定!乞うご期待!

 

寄付の形は様々

 

改めて参加方法は・・・GDOのスコア管理アプリをダウンロード。ご自身のラウンドスコアを入力。その中にバーディがあれば1つにつき10円が寄付されるというシンプルな仕組みだ。とは言え・・・まあバーディ取るのって・・・簡単じゃありませんよね。なので、そういった方々向けにバーディを獲る以外でも参加できる寄付企画(方法)も色々用意されている。

 

<愚直に上達を目指す!>

やっぱり、自分のゴルフの腕前(実力)でバーディを獲りたい!そんな志の高い方にはコチラ。「ゴルフテック」のコーチ陣があなたの上達を約束してくれる。モーションセンサーで体の動きを細かくチェック。そして膨大なデータから裏付けされた「可視化されたスイングデータ」が効率よく上達に導いてくれるのだ。通うのが難しい方は動画でも!

 

「ゴルフテック」 コーチ陣があなたに寄り添った、分かりやすいレッスンをしてくれる!通うのが難しい方は動画をチェック

 

<買って、売って、寄付!>

ゴルフのワンストップサービスを展開しているGDOだからこそできる仕組み。GDOオリジナルの商品を購入すれば1点につき10円が。GDOが運営する中古ゴルフショップ「ゴルフガレージ」では、期間限定ではあるがクラブ買取1件につき10円がそれぞれ寄付されるのだ。これは正直バーディ獲るよりもイージーな参加方法といえる。

 

GDOオリジナルは、ハイスペックでコストパフォーマンスの高い商品がウリのGDOのプライベートブランド

 

ゴルフガレージ ~11/5(日)までクラブ買取強化キャンペーン実施中!(査定額アップ、購入の場合10%オフ、買取1件につき10円寄付!)

 

<汗をかいて寄付!>

これは人によってはバーディ獲るよりもキツイかもしれない。ここ最近、にわかに盛り上がってきた「スピードゴルフ」。18ホールをいかに速く、そしていかに少ない打数で駆け上がるかを競うこの競技。昨年、今年と参加選手の消費カロリーを菜園プロジェクトに寄付しているのだ。スピードゴルフで消費されるカロリーはおよそ1,220kcal。速くプレーすることの楽しさを実感してもらい、たくさん汗をかけば、それが寄付につながる。

 

スピードゴルフ 本来はゴルフは「時間をかけて考える」ものだが、考える暇もなく打って、走って、打って、そしてまた走って……爽快感がたまらない 

 

<食べて寄付!>

上記の参加方法でも、どれも難しいという方はコチラ。菜園プロジェクトへの参加とはならないが、TFT提携のレストランでヘルシーな食事をすれば寄付ができる。体に優しいヘルシーな食事が、アフリカの子供達の給食支援につながる。

 

TFT提携のレストランはこちらからチェック!

 

気づけば今年も残り2ヶ月ちょっととなったが、引き続き様々な方法で「ゴルフ菜園プロジェクト」に積極的にご参加頂き、アフリカへの菜園支援をもっと盛り上げていただければ嬉しく思う。

トップへ戻る