ゴルフ菜園プロジェクト

ニュース&トピックス

スコアラ、ルワンダ到着

1085_ext_02_0.jpg

2016.05.17


Text by Yusuke Hirokane/Photo by TFT


皆さん、こんにちは。


先日、「ゴルフ菜園プロジェクト~みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう~」記念すべき初のGDO菜園作り(作付け)のため、ルワンダ共和国に旅立ったスコアラ君から速報レポートが到着しましたので、写真を中心に紹介していきたいと思います。

(記念すべき1回目の作付けが行われたルワンダ共和国のニャビシンドゥ小学校の様子)
成田空港を出発してルワンダ共和国に無事到着したスコアラ君は、ムハンガ地域 ギタラマのニャビシンドゥ小学校を訪問しました。到着するやいなや、現地の子供たちから手荒い(?)歓迎を受けてもみくちゃにされる場面も・・・自前のサンバイザーが取られそうになるほど大人気ぶりで、日本より先に異国の地でアイドル気分を味わったとのこと。

(到着すると手荒くも、温かい歓迎を受けたスコアラ君)
その後、玉ねぎ畑の作付けを現地の子供たちと一緒にするなど、畑仕事にすっかり精が出て現地に溶け込んだ様子のスコアラ君。GDOを代表してしっかりと働いてもらいました。写真を見て頂いても分かるとおり、子供たちのとても綺麗で純粋なまなざしが印象的ですよね。ここで栽培された作物がこの小学校の子供たちに賄われるかと思うと、とても感動的です。

(ルワンダの小学生のため、玉ねぎの作付けを一生懸命に行うスコアラ君)
そして最後に、GDO看板と一緒に子供たちと記念の集合写真を撮影。今回スコアラ君に同行頂いているTFTの安東事務局長曰く、子供たちからは、スコアラ君をこのまま置いて行ってほしいとお願いされたとか!?ちょっと昔に放送していたアフリカ旅番組を彷彿とさせる感動の場面もあったそうです。そんなさびしい別れを乗り切り、現在は次の目的地であるタンザニアに移動中のスコアラ君。次の国ではどんな出会いがあり、現地の子供たちがどんな様子なのか、またレポートしますのでお楽しみに!!

(最後にTFT安東さん、現地小学生たちと記念撮影)

トップへ戻る