プレスリリース

印刷する

発表日 2018年10月04日

GDO、残価設定で最新のゴルフクラブを購入できる、業界初の新しいサービス「TRY SHOT」をスタート

2018年10月4日
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
 

GDO、残価設定で最新のゴルフクラブを購入できる
業界初の新しいサービス「TRY SHOT」をスタート

 

― 話題の最新モデルをいつも通っている練習場やゴルフ場で気軽に試打が可能 ―

 

 インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、GDOゴルフショップでのゴルフ用品の購入時に、初期費用を最大90%抑えることが出来る残価設定支払いサービス「TRY SHOT」を10月2日(火)にスタートいたしました。


■TRY SHOTとは


 GDOゴルフショップ(https://shop.golfdigest.co.jp/)内の「TRY SHOT」対象商品であれば1カ月、3カ月、6カ月の中からご希望の利用期間を選んで注文。商品を試していただいた後に「そのまま購入」あるいは「GDOへ返却」を選んでいただく事で、お客様ご自身に合った最新モデルを安心してご購入いただけるサービスです。ゴルフ用品販売店が自宅の近くになく、ゴルフクラブ購入時に試し打ちが気軽にできなくても、「TRY SHOT」で購入すれば、いつも通っている練習場やゴルフ場で気軽に試打が可能。実際のゴルフ環境で試すことで、自分に本当に合ったゴルフクラブを見つけることが出来ます。

 「TRY SHOT」対象商品はGDOゴルフショップでの通常購入時と同様にシャフト、番手/フレックス、長さ/ライ角など、圧倒的なモデルスペックからお好みに合ったクラブをお選びいただけます。
 

■TRY SHOTの魅力


じっくり使いながら考える

「TRY SHOT」なら数カ月間使い続けて相性を確かめたあとに購入が可能です。


いつものコース、練習場で

「TRY SHOT」ならプレーし慣れているコースや練習場で“いつもの感覚”で試打が可能です。


「やっぱりやめた」もOK

「TRY SHOT」ではじっくりクラブを使ってみて、違うなと思ったら返却が可能です。


初期費用が抑えられる

「TRY SHOT」では最大で90%の初期費用をおさえることが出来ます。


新作モデルを気軽に試せる

対象商品には話題の最新モデルが勢ぞろい。気になるクラブを気軽に色々試すことが可能です。


■TRY SHOTプラン内容例


 「TRY SHOT」には1カ月、3カ月、6カ月のプランがあり、プラン満了時に、残価を支払いクラブを購入いただくか、クラブを返却し「TRY SHOT」を利用して新しいクラブを購入いただくかをお選びいただきます。
 ※「TRY SHOT」の総額は月々支払いの場合でもGDOゴルフショップ通常の購入時とほぼ同額になります。


詳細は「TRY SHOT」特設サイトへ ⇒ https://shop.golfdigest.co.jp/newshop/f/contentsid_tryshot

 

 

 GDOは「TRY SHOT」のサービスをスタートすることにより、インターネットショッピングでのゴルフ用品購入のハードルを下げ、誰もが気軽に新しいゴルフ用品を試せることにより、ゴルファーから潜在層までゴルフの楽しさをより多くの人々へ提供してまいります。



株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 
http://www.golfdigest.co.jp/
本社所在地:東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階
設立:2000年5月1日
代表者:代表取締役社長 石坂 信也
資本金:1,458百万円(2018年6月末現在) 
従業員数(連結):585名(2018年6月末現在)※臨時従業員含む
事業内容:ゴルフに関する総合サービス/新品中古用品販売、中古ショップ「ゴルフガレージ by GDO」運営、ゴルフ場予約サービス、B2Bサービス、メディア、広告事業・モバイル事業、レッスン事業「ゴルフテック by GDO」および「キッズゴルフ」の運営
GDOクラブ会員:359万人(2018年8月末)


本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン/広報 pr@gdo.co.jp TEL 03-5656-2864
 



PDF 20181004_GDO、業界初の残価設定サービス「TRY SHOT」をスタート

印刷する


HOME ニュース一覧   GDO、残価設定で最新のゴルフクラブを購入できる、業界初の新しいサービス「TRY SHOT」をスタート