コーポレートガバナンス

印刷する

【コーポレートガバナンスの状況等】

(1)【コーポレートガバナンスの状況】

① コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

 当社グループは、株主・投資家のみならず、社員や取引先等、全てのステークホルダーから正しく理解され、ステークホルダーとの間に生まれる信頼と共栄の関係を継続させることが、会社の持続的成長と中長期的な企業価値の最大化を実現するものと考えております。この意識を念頭に置き、全てのステークホルダーから信頼を得る企業を目指すべく、コーポレートガバナンスの充実を経営上の最も重要な課題の一つとして位置付けております。これらを実現するために、経営の健全性、効率性及び透明性を高め、経営の意思決定、業務執行・監督、内部統制等について適宜適切な体制を構築してまいります。

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治の体制の概要

 当社は監査役会制度を採用しております。

 取締役会は取締役7名(うち社外取締役4名、うち弁護士1名)で構成され、取締役会規程に基づき、定時取締役会を月1回、または必要に応じて臨時取締役会を随時開催しており、社外取締役も出席しております。また、取締役会には3名の監査役も出席し、取締役の業務の執行状況について、法令及び定款に違反し ていないかのチェックを行うとともに、必要に応じて意見を述べております。

 また当社は、執行役員制度を導入しており、執行役員会は常勤取締役及び取締役会にて選任された執行役員により構成されております。取締役会が「意思決定と監督機能」を担い、執行役員会が各本部の業務執行について責任を持って推進することで、取締役会の機能をより強化し、経営効率化の促進を図っております。

 監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名、うち女性1名)により構成され、前述の取締役会への出席のほか、業務、財務の状況の調査等を通じて、取締役の業務の執行状況についての監査を行っております。

 当社グループの経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレートガバナンス体制の状況は以下のとおりであります。

コーポレートガバナンス体制図

ロ.当該体制を採用する理由

 経営監視機能の客観性・中立性が高まるとの判断から、社外監査役2名による監査の実施を行っているほか、社外取締役4名による取締役会運営を行っております。なお、主要株主の役員が当社の社外取締役でありますが、当社との取引も僅少であるため、経営監視機能の客観性・中立性は十分に確保されていると考えております。

 

コーポレートガバナンス・コードについて

コーポレートガバナンス・コードに関する当社の取組みについてPDF    (369KB)

コーポレートガバナンス報告書

コーポレートガバナンス報告書PDF(2349KB)

印刷する