プレスリリース

印刷する

発表日 2010年02月10日

GDO、中国ゴルフ総合サービス最大手「1872」と業務提携

2010年2月10日

報道関係者各位

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン


 

GDO、中国ゴルフ総合サービス最大手「1872」と業務提携

 

~中国人富裕層ゴルファー向け「日本国内ゴルフパッケージツアー」
を今春より提供開始~

 

ゴルフのワンストップ・サービス(買う・行く・観る・つながる)を展開する
㈱ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:
石坂信也、以下GDO)は、中国におけるゴルフ総合サービス最大手の鷹皇商
務科技有限公司(本社:湖南省長沙市、代表:謝磊、商号「1872」、
以下1872)と本日業務提携をいたしました。

 

GDOが強みとする国内ゴルフ場とのネットワークと、1872が強みとする
中国人富裕層を中心とした厚い顧客基盤及び、中国国内における幅広い
マーケティングチャンネルを組み合わせ、中国人富裕層ゴルファーを日本国内
に誘致します。

 

■背景

中国におけるゴルフ人気は年々高まりをみせており、富裕層を
中心にゴルファー人口が急増しています。これに伴い、中国国外での
プレーニーズも高まっております。
また、中国からの訪日旅行者の増加※1は目覚しく、個人観光ビザの解禁
により、この数は今後更に増加すると予測されています。中国人による訪日の
主な目的はショッピングと温泉であると言われています。これらの動向を踏まえ、
GDO は、ゴルフ、ショッピング、温泉を組み合わせた中国人富裕層専用の旅行商品
を企画・販売する事業の成長機会が大きいと捉え、富裕層ゴルファーを多く顧客
にもつ中国最大手のゴルフ総合サービス企業である1872との業務提携に
至りました。

※1 2009 年の訪日外国人旅行者数は前年比大幅減の679 万人となり、韓国や台湾
などからの旅行者数が減少する中、唯一中国だけが増加傾向を維持。
2009 年7 月の個人観光ビザ解禁なども寄与し年間100 万人を超えた。
(日本政府観光局(JNTO)発表資料より)

 

■業務提携の概要

1.業務提携の内容:

ゴルフ場、温泉旅館、ショッピング施設、といった日本独自の観光資源
を活かした旅行商品をGDO が企画し、中国人富裕層に向けたマーケティング及び、
販売を1872が中国国内にて行います。今回の事業展開に当たり、東京、
大阪、北海道を中心としたゴルフ場50 コース、ホテル・温泉旅館40 施設が
参加に意思を示しており、今後も増加する見込みです。

 

2.サービス提供開始時期:

2010 年4 月下旬(予定)

 

3.今後のビジネス展開:

今回の業務提携を皮切りに、将来的には、中国本土における戦略的事業提携も
視野に入れ、日本、中国をはじめ、東アジア全域でのゴルフ事業の展開を目指
します。

 

【具体的なビジネススキーム】 ※下記添付画像参照

 

【参考】

■鷹皇商務科技有限公司

(REAGLE COMMERCIAL SCIENCE&TECHNOLOGY CO.,LTD. 、商号「1872」)

http://www.1872.cc/Index.New/

中国におけるゴルフ総合サービス最大手企業。ゴルフ場予約サービス、
用品販売、メディア等の事業を手がける。自社会員数約20 万人。
また、中国工商銀行など中国主要銀行が発行するプラチナカードの会員約30 万人
に対し、ゴルフ関連のサービスを提供している。

 

■株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

http://www.golfdigest.co.jp

『ゴルフ用品E コマース事業』(ゴルフ新品中古用品販売)、
『ゴルフ場向けサービス事業』(ゴルフ場予約サービス、ゴルフレッスン予約
サービス、ゴルフ場向けB2B サービス)、『メディア事業』(ゴルフメディア、
広告事業・モバイル事業)の3 事業を展開。
インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(買う・行く・観る・
つながる)を実現。
GDO クラブ会員155 万人(2009 年12 月末)、月間ユニークビジター数400 万人※、
月間ページビュー数 1 億5 千万PV※。東証マザーズ上場(2004 年4 月)。

※:過去最高数値



PDF 2010_02_10_GDO中国ゴルフ総合サービス最大手1872と業務提携

印刷する


HOME ニュース一覧   GDO、中国ゴルフ総合サービス最大手「1872」と業務提携