スピードゴルフ

大会に出る

  • ico_insta.png
  • ico_fb.png
  • 走る、狙う、打つ、走る。単純にして、奥深い。スピードゴルフ
  • 鶴見辰吾さん公式アンバサダー就任
  • スピードゴルフオープン2017

ニュース&トピックス

スピードゴルフとは

image_about01.jpg

⾛る、狙う、打つ、⾛る。単純にして、奥深い。

アメリカでは既に数多くの⼤会も開催される程、新しいゴルフの楽しみ⽅として⼤きな盛り上がりをみせているのがスピードゴルフ。その名のとおり、ゴルフプレーにおいて、9または18ホールをできるだけ早く最⼩スコアでラウンドすることを⽬指す競技です。

なぜスピードゴルフ?
フィットネスや健康促進として、また創造⼒や挑戦意欲が刺激されます。ゴルフパフォーマンス向上にもつながり、そして何よりも楽しい!
ラン後の爽快感は、ゴルフにワンエッセンスを加えます!
競い⽅は?
スピードゴルフスコア(SGS)は、ラウンドスコアとタイムの合計。たとえば18Hでスコアが80、タイムが60分だとすると、80+60=140で140がスピードゴルフスコア(SGS)として記録されます
歴史・記録
競技がスタートしたのは1979年と⾔われているスピードゴルフ。本格的に認知されたのは2000年に⼊ってからです。⽶国を中⼼に多くの⼤会が開催され、2012年10⽉にはオレゴン州バンドン・デューンズGRで初の世界選⼿権が⾏われました。ちなみに世界記録は2005年10⽉にクリストファー・スミス(⽶国)が出した、スコア「65」、タイム44分06秒の合計109.06。あなたはこの記録を破ることができますか?

⽇本スピードゴルフ協会

⽇本スピードゴルフ協会会長

「素振りをしない、ラインを読まない、考えこまない」

みなさんは、そんなゴルフをした経験はありますか?

実際にスピードゴルフに参加された方々からは、「究極のプレーファーストにも関わらず、意外といいスコアでまわれた」「たった4本のクラブでまわってシーズンベストがでた!」など驚きの声が寄せられています。

アメリカをはじめ、世界各国で数多くの大会が開催される程、新しいゴルフの楽しみ方として大きな盛り上がりをみせているスピードゴルフ。 GDOは『ゴルフ開放運動』と称して、新たなゴルフの楽しみ方を提案し、“ゴルフ・ゴルフ場”を身近に感じてもらい、ゴルフ人口の拡大、市場の活性化に繋げる活動の一環として、普及に努めています。

フィットネスや健康促進として効果があり、創造力や挑戦意欲が刺激されゴルフパフォーマンスの向上につながる、スピードゴルフに参加して、爽快感や達成感を味わってみませんか?みなさんのご参加を心よりお待ちしております。

日本スピードゴルフ協会会長 石坂信也

トップへ戻る