プレスリリース

印刷する

発表日 2017年09月05日

GDO、ゴルフの新しい楽しみ方 「スピードゴルフ オープン 2017」を実施

2017年9月5日
報道関係者各位
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

 

GDO、ゴルフの新しい楽しみ方
「スピードゴルフ オープン 2017」を実施

 

~打つ、走る、打つ。ラン×ゴルフ=スピードゴルフ 優勝は誰の手に?~


 インターネットで、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、運営している日本スピードゴルフ協会(以下SGK)を通して、9月4日(月)にて「スピードゴルフオープン 2017」を、茨城県土浦市「ワンウェイゴルフクラブ」にて行いました。
 快晴のもと、コンペティション部門、エンジョイ部門合わせ総勢86名が大会に参加。ランタイム+スコア=スピードゴルフスコア(SGS)を競い、熱い戦いを繰り広げました。
なお、当日の模様は10月1日(日)14:30~15:55にBSフジにて放送予定です。

 GDOは、スピードゴルフを通じて今後もゴルファーにとってあらゆるゴルフの楽しみ方を提案していくとともに、ゴルフの素晴らしさをより多くの人々へ伝えてまいります。

speedgolf960238.jpg


■スピードゴルフオープン2017
-主 催:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)
-開催日:2017年9月4日(月)
-会 場:ワンウェイゴルフクラブ 
     〒300-0023 茨城県土浦市沖宿町3476
-試合結果:主要な順位およびスピードゴルフスコアは以下のとおり(敬称略)
<男性>
優勝:松井  丈 (ランタイム46分23秒+スコア81=127.23SGS)
2位:高橋拓也(ランタイム53分58秒+スコア78=131.58SGS)
3位:袖山哲朗(ランタイム51分38秒+スコア82=133.38SGS)
<女性>
優勝:山本  潤 (ランタイム68分48秒+スコア82=150.48SGS)
     
 
 
■スピードゴルフとは: 
 スピードゴルフはその名の通り、通常のゴルフのように18Hまたは9Hを、7本以内のゴルフクラブを利用して、ボールを打ち、なるべく早くなるべく少ないショット数でホールアウトすることを目的とした競技です。スピードゴルフの歴史はアメリカで1970年代に始まったと言われており、2000年には「Speedgolfインターナショナル」が形成され、以来、数々のトーナメントが行なわれております。
 スピードゴルフの現在の世界記録は、2005年10月に“ジャクソンパークゴルフコース”にて行なわれた“シカゴSpeedgolfクラシックトーナメント”で、クリストファー・スミスにより樹立されました。記録はランタイム44分06秒+スコア65=109.06のSpeedgolfスコア(SGS)となっております。 
日本スピードゴルフ協会ホームページ:http://company.golfdigest.co.jp/speedgolf/


株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 
http://www.golfdigest.co.jp/
(東証一部:証券コード3319)
本社所在地:東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階
設立:2000年5月1日
代表者:代表取締役社長 石坂 信也
資本金:1,458百万円(2017年6月末現在) 
従業員数(連結):534名(2017年6月末現在)※臨時従業員含む
事業内容:ゴルフ新品中古用品販売、中古ゴルフショップ「ゴルフガレージ by GDO」運営、ゴルフ場予約サービス、ゴルフ場向けB2Bサービス、ゴルフメディア、広告事業・モバイル事業、レッスン事業及びゴルフテックの運営、子供向けゴルフレッスン事業
インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を実現
GDOクラブ会員320万人(2017年7月末)
 
■本プレスリリースGDOに関するお問い合わせ先■
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 広報
pr@gdo.co.jp TEL 03-5656-2864

 


PDF 201709GDO、スピードゴルフオープン2017を開催

印刷する


HOME ニュース一覧   GDO、ゴルフの新しい楽しみ方 「スピードゴルフ オープン 2017」を実施