社長メッセージ

印刷する

ごあいさつ

代表取締役社長 石坂信也

 当社は2016年2月に「中期経営計画」(2016-2018)を発表しました。中計のテーマは「GDO NEXT from Scratch」です。

 これには、「ゴルフ専門のITサービス企業」の先駆者として高いプロ意識を持ちつつ、初心に立ち返り、グループ一丸となってGDOを再創造していこうという決意を込めております。

 その中期経営計画の初年度となった2016年は、GDOの「第二創業期」のスタートと位置づけ、ゴルフ専門のITサービス企業として、圧倒的な情報量とゴルフに特化したサービス力の強化に注力してまいりました。特に成長著しいモバイル端末向けサービスを最重要テーマとして捉え、徹底的に強化・改善を行ってまいりました。また、この2016年度は「冒険」をテーマとして、海外展開、新規事業への着手等、さらなる成長のための新しい取組みを積極的に行ってまいりました。

 これらの結果、売上高19,309百万円、売上総利益8,012百万円、営業利益1,073百万円、経常利益1,089百万円、親会社株主に帰属する当期純利益611百万円となり、売上高及び各段階利益全てにおいて過去最高の業績を残すことができました。

 中期経営計画の2年目となる2017年は、中期経営計画の最終年度目標「売上高は年平均成長率二桁以上、営業利益は20億円以上、配当性向2割以上」を達成するために、いかに冒険心あふれる1年を過ごすか、が重要になってくると考えております。

 当中期経営計画では、既存事業の着実な成長とともに、海外展開、新規事業等にも着手し、従来の枠組みを超えた新たな成長ステージを目指すことを定性的な目標として掲げております。

 そのために、既存事業(ゴルフメディア、EC、E-booking)においては、引き続きゴルファーに圧倒的な支持を得られるようサービスの磨き上げに努め、ゴルフ業界におけるインターネットのシェア及びGDOのシェア拡大を目指してまいります。

 また、新規事業においては、ゴルファーニーズと当社の資産であるビッグデータ(お客様のデータベース)を活用しながら、他社との連携を図りつつゴルフ周辺ビジネスの開拓を進めてまいります。また、海外事業においては、アジア地域やアメリカ等の市場でゴルフとインターネットあるいはデジタル戦略を用いた事業展開を、引き続き積極的に進めてまいります。

 当社グループは、全てのゴルファーがよりよいゴルフライフを送るための総合的なサービスを提供する唯一無二の会社として、企業価値を高め、今後も投資家の皆様やお客様の期待に応えていきたいと思っております。

2017年2月吉日
代表取締役社長 石坂 信也

印刷する