FAQ2

印刷する
 このたび、当社が運営する「GDO株主倶楽部」に会員登録いただいた株主様の個人情報の一部漏えいが確認されました。多大なご迷惑とご心配をお掛けしていることを、改めて深くお詫び申し上げます。つきましては、特に上記に関してのFAQを設けましたのでご確認ください。

 ※今回の情報漏えいに関する事実調査・原因究明には警察機関の捜査協力を得ており、これに伴い情報開示に一部制限がございますことにつきまして、ご理解を頂きたいと存じます。
Q1 具体的に何があったのですか?
Q2 具体的な漏えい件数と内容は?
Q3 今後の再発防止は?
Q4 私の個人情報は漏えいしていますか?
Q5 カード情報が漏えいしたのではないですか?
Q6 現在も流出しているか?
Q7 GDOクラブ会員だが、登録情報は漏えいしてないのか?
Q8 登録アドレス宛に迷惑メールが届くようになりましたが?
Q9 今後、身に覚えの無い業者から電話が掛かってきたらどうすればいいですか?
急に投資勧誘などの電話がかかるようになったのですが?

回答

Q1 具体的に何があったのですか?
A1 時系列でご説明します。

平成27年4月7日(火)
当社が提供するサービス「GDO株主倶楽部」の運営・管理を委託しておりますインベスター・ネットワークス株式会社(以下、「INV社」)から、INV社が運営・管理している類似のサービスにおいて、個人情報の漏えいが発生した可能性があるとの連絡を受けました。当社も直ちに調査を開始いたしました。

4月8日(水)
当社株主様から電子メールで「先週頃から個人名の入った投資勧誘のメールが来ている」とのご連絡をいただきました。また「GDO株主倶楽部」に会員登録する当社社員株主にも同じ内容の投資勧誘メールが届いていたことが判明したことから、情報漏えいの可能性があると判断し、INV社に調査を依頼するとともに、石坂社長を代表とする「緊急対策室」を設置し、「GDO株主倶楽部」のサービスを停止いたしました。

4月10日(金)
個人情報に関する監督官庁である経済産業省に対して、この度の個人情報データ漏えいの可能性についての報告を行いました。これと並行して、INV社において外部からの不正アクセス、内部からの漏えい可能性を確認するため、外部セキュリティ専門家を招聘し、セキュリティ調査専門企業による原因究明の調査を開始いたしました。

5月26日(火)
INV社での調査が完了し、INV社内部よりデータが流出していることが確認されました。

5月28日(木)
当社はINV社からこの報告を受け、個人情報漏えい確定の旨を判断いたしました。
Q2 具体的な漏えい件数と内容は?
A2 最大で2,187名様分とみられた漏えい件数につきましては、調査の結果1,972名様分であることが確認されました。この件数は、2014年3月27日~2015年2月23日までの期間で「GDO株主倶楽部」の会員登録をいただきました情報のうち、2015年2月23日時点における「GDO株主倶楽部」の会員様分となります。

1. 漏えい情報
ご氏名、ご住所、ご性別、生年月日、メールアドレス、お電話番号
※ログインパスワード、その他ご回答いただいたアンケート項目の情報は漏えいしておりません。

2. 情報の収集・保管方法
「GDO株主倶楽部」の会員登録の際に入力していただいた情報を収集し、INV社内に設置されたデータベースサーバーおよびファイルサーバーに保管しておりました。
Q3 今後の再発防止は?
A3 以下の対応を行ないます。

1. 「GDO株主倶楽部」サービスの終了
これまで当社は関連法令を遵守し、当社基準による委託先選定ならびに運用を行ってまいりました。その情報管理水準は十分なものであるとの認識ではございますが、今回の情報漏えいの重大さを認識し、さらなる運用管理の徹底を図ってまいります。また、ご提供しておりました「GDO株主倶楽部」のサービスは終了いたします。会員登録いただきました株主様、ならびにご利用ユーザー様におかれましては、サービス提供を継続できず大変申し訳ございません。同様のサービスのご提供につきましては、検討のうえ改めてご案内させていただきます。

2. 漏えい情報の拡散阻止
「GDO株主倶楽部」会員様からのご連絡などで確認された、メール、セールス電話等の調査から、漏えいした情報を持ち込んだ可能性のある名簿取り扱い事業者を特定しております。この事業者に対しましては、警察・弁護士と連携し、違法入手の情報であることを理由に、マスターデータの返却と使用停止の旨を申し入れております。すでに対応いただいた事業者もございますため、一定の効果をみせている状況であります。引き続き、流出先の調査を行い確認された場合は、随時対応してまいります。
Q4 私の個人情報は漏えいしていますか?
A4 情報漏えいが確認された2015年2月23日時点における「GDO株主倶楽部」の会員様(1,972名様)に対しまして、お詫びとご報告のお手紙を順次お送りいたします。6月上旬には発送を完了する予定でございます。
Q5 カード情報が漏えいしたのではないですか?
A5 お客様のクレジットカード情報が漏えいした可能性・事実はございません。
Q6 現在も流出しているか?
A6 本件の原因であったINV社内部からの漏えい対策は完了しており、流出しておりません。
Q7 GDOクラブ会員だが、登録情報は漏えいしてないのか?
A7 【GDOクラブ会員】の登録情報が漏えいした可能性、事実はございません。【GDOクラブ会員】と今回の「GDO株主倶楽部」登録情報・登録先は異なりますので、GDOサービス(GDOゴルフショップ、GDOゴルフ場予約、その他サービス)に関しては安心してご利用いただけます。
Q8 登録アドレス宛に迷惑メールが届くようになりましたが?
A8 投資案件等の迷惑メールが届くというお問い合わせが増えております。このような迷惑メール本文に記載されているアドレス、また配信停止URLにアクセスされますと、意図しないサイトへアクセスしてしまう場合がありますのでご注意ください。

PDFスパムサンプル1(66KB)
PDFスパムサンプル2(66KB)
PDFスパムサンプル3(77KB)

なお、迷惑メール対策、相談対応に関する情報が総務省のホームページに掲載されておりますのでお知らせいたします。

※総務省 迷惑メール対策
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html
Q9 今後、身に覚えの無い業者から電話が掛かってきたらどうすればいいですか?
急に投資勧誘などの電話がかかるようになったのですが?
A9 必要のない業者からの電話につきましては、まず初めて勧誘を受けたときに、はっきりとお断りください。例えば、「必要ありません」「投資はしていないのでいりません」「興味がないので断ります」などお伝えください。「結構です」「はい」などで答えますと、承諾したものと都合よく解釈されてしまうことがありますのでご注意ください。また「今後は電話をかけないでください」とはっきりお伝えください。
一度断った後に、再度勧誘の電話をすることは、法律で禁止されていますので、違法行為にあたります(特定商取引に関する法律 第17条)。
その後も勧誘の電話が続く場合は、「違法行為ですので、警察に通報します(法的に訴えます)」と伝えて電話をお切りいただければ、今後かかってくることは少なくなります。

印刷する